折り込みチラシを入れる女性

せっかくチラシを制作し、折込チラシなどへ出稿しても、顧客から反応(レスポンス)が得られなければ、商品やサービスの売上アップにつながりません。顧客からの反応率が高いチラシには、いくつか共通点があります。

本記事では、チラシの反応率の目安や計算式、チラシのレスポンス数を増やすための制作上のポイントを解説します。

チラシの反応率とは?チラシを見て行動を起こした顧客の割合

チラシの反応率とは、チラシを見たことをきっかけとして、特定の反応(行動)を起こした顧客の割合のことです。

たとえば、商品やサービスの購入、来店、問い合わせ、資料請求、Webサイトのアクセスなどが、チラシから得られる反響です。反応率のほか、「レスポンス率」「行動喚起率」と呼ばれることもあります。

チラシの反応率は、以下の計算式で求めることができます。

「チラシの反応率(%)=レスポンスの件数÷チラシの配布数×100」

たとえば、チラシから得られたレスポンスが30件、チラシの配布数が10,000枚の場合、チラシの反応率は30件÷10,000枚×100=0.3%だと計算できます。

チラシの反応率とCPRとの違い

チラシの効果測定を行うとき、反応率とよく混同されがちなのが、CPR(Cost Per Response)という指標です。CPRとは、チラシから1件の反応を得るのにかかった獲得単価を表す指標です。CPRの数値は、以下の計算式で求められます。

「チラシのCPR(円)=チラシの総コスト÷レスポンスの件数」

たとえば、チラシにかかった総コスト(制作費、印刷費、広告費)が50万円、レスポンス数が100件の場合、CPRは5,000円だとわかります。

チラシの反応率と関係のある7つの要素

チラシの反応率と大きな関係があるのが、以下の7つの要素です。

オファー(特典)
キャッチコピー
デザイン
お客様の声
生産者やスタッフの声
商品やサービスの利点
問い合わせ先

とくに商品やサービスのメリットを提示する「オファー」と、受け手の目を引く「キャッチコピー」が、チラシをまず手にとってもらい反応率を高めるための重要なポイントです。また、お客様の声や生産者・スタッフの声を掲載し、受け手の共感を得られるような紙面にすることや、その商品やサービスにおける、受け手側が自分の問題を解決するような利点がしっかりと明示されているかも、反応率の高いチラシを制作するために欠かせません。

チラシの反応率はどのくらい?チラシの種類別に解説

チラシの反応率の目安は、チラシの配布方法によって変わります。ここでは、「新聞折込チラシ」「同封同梱広告」「ポスティング」の3種類の配布方法の反応率を紹介します。

  特徴 反応率
新聞折込チラシ 新聞と一緒に折り込まれるチラシ広告 0.03%~
同封同梱広告 通販カタログや購入した商品などと一緒に封入されるチラシ広告 0.1%~
ポスティング 個人住宅や集合住宅のポストに直接投函されるチラシ広告 0.03%~

 

反応率にフォーカスすると、通販カタログや購入した商品などにチラシが同封同梱される「同封同梱広告」は、比較的高い反応率が期待できる配布方法です。

一方、特定の地域にチラシを配布する「折込チラシ」や「ポスティング」は、配布エリアによってターゲットをセグメントできるというメリットがあり、市区群町丁目まで指定ができるため、エリアマーケティングには非常に適しています。

一方で、同封同梱広告はエリア指定が都道府県単位にとどまっており、新聞やポスティングと比べると市区群や町丁目までの細かいエリア指定はできません。自社の商品やサービスの特徴に合わせて媒体のプランニングをすることも視野にいれて適したチラシ媒体を選定するのがベストでしょう。

チラシの反応率を高める4つのポイント

チラシの反応率を高めるため、どのような点に気をつければよいのでしょうか。ここでは、チラシのレスポンス数を増やすポイントを4つ紹介します。

自分ゴト化させること

チラシに記載されている情報は、見てくれた人が「自分に対しての情報」と捉えてもらえるような内容、表現にすることが重要です。
そのため、予めターゲティングしている人物像(ペルソナ)がこのチラシを見て、自分ゴト化するような魅力的なコピー、ビジュアル、共感を呼べるコンテンツなどが必要となります。

例:商品がグルコサミン(ひざ関節の問題を解決)の健康食品
ターゲット:旅行やハイキングにいきたい高齢の女性
コピー:元気に歩きたい!旅行にいきたい!
ビジュアル:はつらつと歩いているイメージや階段をのぼっているイメージ
コンテンツ:同じお悩みを抱えておられる愛用者の声 等

魅力的なオファーを設定する

チラシの反応率に大きく影響しているのが、チラシのオファー(特典)です。たとえば、チラシで設定すべきオファーには以下のようなものがあります。

初回●●%オフ!
割引クーポンや無料クーポン
粗品やグッズのプレゼント
期間限定の無料サービス
会員ランクの優遇
無料のプラン変更やアップグレード

オファーを設定し、「お得感」を演出することで、顧客の行動を喚起しやすくなります。チラシを制作するときは、魅力的なオファーを盛り込むことを検討しましょう。

客観的な数字で信頼をつかむ

顧客の行動をうながすため、チラシには商品やサービスのメリットを記載するのが一般的です。ただ商品やサービスの強みを並べるのではなく、客観性のある「数字」を盛り込むことで、チラシの反応率をより高めることができます。

たとえば、チラシに盛り込むべき数字の例として、以下のようなものがあります。

  具体例
時間 創業

秒で汚れが落ちる

人数 人が効果を実感
満足度 顧客満足度○%を達成
リピート率 リピート率○%越え
ボリューム 当社従来製品より○%多い

 

消費者の心理として、数字のような客観的な根拠があると、商品やサービスへの信頼度が高まります。チラシ制作では「数字」を賢く使うことがアピールする要素となります。

スムーズな動線を用意する


せっかく魅力的なチラシを制作しても、消費者の行動の足を引っ張るような要素があるとチラシの反応率が低下します。チラシを制作するときは、問い合わせ、商品購入、資料請求といった行動までの動線をきちんと考え、顧客がスムーズに目的の行動をとることができるようにしましょう。

業種によって、チラシに掲載すべき情報の優先順位は変わります。たとえば、電話注文が中心の業種であれば、チラシに電話番号をはっきり記載する必要があります。一方、Webサイトからの流入が多い業種であれば、WebサイトのURLやQRコード、検索ワードなどを記載するのが一般的です。顧客が行動するためのスムーズな動線を用意しましょう。

チラシを活用したプロモーションならニッセンへ

チラシの反応率を高めたい方は、ニッセンにご相談ください。ニッセンは通販会社としての実績を活かし、チラシを活用したさまざまなプロモーションの実現をサポートします。

たとえば、ニッセンのカタログにチラシを封入する「カタログ同送」や、ニッセンで購入した商品にチラシを同梱する「商品同梱」など、お預かりしたチラシを確実にお客様の手元へ届けることが可能です。

ニッセンのプロモーションでは、ニッセンの顧客リストを活用し、購入意思が強い顧客のみにチラシを配布するため、高い反応率が期待できます。
加えて、代理店機能も持ち合わせているため、様々な媒体のプランニングが可能です。折込チラシやポスティング、他社の同封同梱広告も対応が可能です。

チラシを活用したプロモーションなら、ニッセンにお問い合わせください。

まとめ:チラシの反応率の目安を知りレスポンスを増やしましょう

チラシの反応率とは、チラシを目にした顧客が、商品やサービスの購入、来店、問い合わせ、資料請求、Webサイトのアクセスといった行動(レスポンス)をした割合を表す指標です。レスポンス1件あたりの獲得単価を表すCPRとともに、反応率はチラシの効果測定を行ううえで重要な指標です。

チラシの反応率を高めるためのポイントは、「自分ゴト化させる」「魅力的なオファーを設定する」「客観的な数字で信頼をつかむ」「スムーズな動線を用意する」の3つです。商品やサービスの売上を高めるため、販促チラシを制作するときは顧客の反応率を高めるよう工夫しましょう。

紙媒体 | ニッセン BtoB|通販支援のプロフェッショナルが課題を解決 (nissen.biz)