チラシの制作依頼から印刷までの流れや業者選びのポイントを解説

チラシの制作を依頼するときは、あらかじめ制作依頼から印刷までの流れを確認しておくとスムーズです。また、チラシ制作で失敗しないためには、チラシ制作会社選びも大切です。この記事では、これからチラシの制作を依頼したい方向けに、チラシの制作依頼の流れや、業者を選ぶときのポイントを解説します。

チラシの制作を依頼する際の一般的な流れ

チラシの制作を依頼する前に、制作依頼から印刷までの各ステップを確認しておきましょう。ここでは、チラシ作成の一般的な流れを1つずつ解説します。

チラシ制作会社に問い合わせる

まずは、電話、メール、Webフォームなどから、チラシ制作を依頼したいチラシ制作会社に問い合わせましょう。チラシ制作で失敗しないためには、最初のチラシ制作会社選びが大切です。チラシ制作会社に問い合わせをするときに、チラシのデザインやレイアウト、使用する紙の種類といった企画イメージがあれば、スムーズにチラシの仕様を決められます。もし、「どんなチラシにすればいいかわからない」という場合も、専門のデザイナーがヒアリングを行うため、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

【参考記事はこちら】:チラシの反応率の目安や高めるための4つのポイントを詳しく解説 | 通販支援ノート (nissen.biz)

ヒアリングを受けチラシの仕様を決める

次に、担当のデザイナーからヒアリングを受け、チラシのターゲットや、訴求したい商品・サービスの特性に合わせながら、チラシの仕様を決めます。仮に、このようなデザインが良いなど、ベンチマークされているチラシがあれば、制作会社へ伝えることでよりイメージに近いビジュアルチラシのデザインがあがってくるでしょう。

また、チラシ制作会社によっては、あらかじめデザインのテンプレートが用意されており、その中から選ぶだけでレイアウトを決められるケースもあります。チラシの仕様が決まったら、チラシ制作会社が制作費用の見積もりや、制作日程のスケジューリングを行ないます。見積もり内容に問題がなければ、本格的にチラシ制作に入っていきます。

チラシのデザイン制作がスタート

見積もりを確認次第、チラシのデザイン制作がスタートします。チラシの部数や用紙の種類、加工内容などにもよりますが、チラシの初稿データが完成するまでの期間はおよそ10日~2週間です。チラシ制作は前もって依頼しましょう。

チラシの初稿を確認して校正をする

チラシの初稿データが完成したら、デザインチームと再度打ち合わせを行ない、校正やチェック作業をします。チラシの原稿や仕上がりに要望がある場合は、しっかりとデザインチームに伝えましょう。チラシ制作会社によっては、「原稿の修正は3校までに限る」など、校正回数に制限があるケースもあります。

チラシの印刷・納品が行われる

チラシの校正作業が完了したら、いよいよ完成したチラシを印刷に回します。印刷や加工が完了次第、あらかじめ指定した住所へ印刷物が納品されます。

チラシ配布もワンストップで手がける業者も

チラシ制作会社によっては、チラシの制作やデザインだけでなく、代理店機能を持ち合わせており、チラシを活用した媒体のプランニングをするケースがあります。

たとえば、全国紙や地方紙にチラシを封入する「新聞折込チラシ」や、個人住宅や集合住宅のポストに直接チラシを投函する「ポスティング」、通販カタログや購入した商品と一緒にチラシを同封同梱する「同封同梱広告」など、チラシにはさまざまな配布方法があります。それぞれの強みや弱みを理解し、商品やサービスにあった配布方法を選ぶことが大切です。

チラシの制作を依頼する際の料金相場

チラシの制作費用は、チラシのサイズや、片面印刷か、両面印刷かによって異なります。制作会社にもよりますが、チラシ制作の料金相場は次の通りです。

サイズ 片面 両面
A5サイズ(148×210mm 30,000円~ 50,000円~
A4サイズ(210×297mm 50,000円~ 70,000円~
A3サイズ(297×420mm 60,000円~ 110,000円~
B5サイズ(182×257mm 40,000円~ 70,000円~
B4サイズ(257×364mm 60,000円~ 100,000円~
B3サイズ(364×515mm 90,000円~ 150,000円~

※あくまで、簡易的なチラシの制作費用の目安となります。通販系のチラシの制作の場合はこの限りではありませんので、ご留意ください。

また、チラシの制作費用には、「デザイン費」「原稿制作費」「印刷費」などさまざまなカテゴリーがあります。次に、チラシ制作費用の内訳ごとの相場を見てみましょう。

 

料金相場

デザイン費 15,000円~80,000
原稿制作費 20,000円~40,000
印刷費 1部あたり2円~15

※チラシの形状や部数により大きく変動。10万部単位となると2円代まで価格調整が可能となります。

修正費 都度見積もり。
素材費 ※レンタルポジ等 1点あたり1,000円~

 

デザイン費の目安は15,000円~80,000円

デザイン費とは、チラシ制作会社に提出したデザイン案やラフイメージを元に、チラシ全体をデザインしてもらう際の費用です。デザイン費の目安は、簡易的なチラシで15,000円~80,000円です。チラシのサイズや用紙の種類のほか、依頼する内容によっても、デザイン費は大きく変動します。

デザイン費は見積もりの段階で確認できるため、取得した見積書などを必ず確認しておきましょう。

原稿制作費の目安は20,000円~40,000円

原稿制作費とは、担当のコピーライターにチラシのタイトル、キャッチコピー、商品説明文などの原稿部分を作成してもらう際の費用です。原稿制作費の目安は20,000円~40,000円です。原稿制作費は、原稿の文字数やボリュームによって多少変動します。

印刷費の目安は1部あたり2円~15円

印刷費とは、チラシのデザインデータを印刷に回してもらう際の費用です。一般的なチラシ制作では、光沢加工などの特殊印刷に回すケースはそれほど多くありません。

また、チラシの印刷は1,000部や10,000部など、ロット単位で行ないます。そのため、他の紙媒体の広告と比較しても、チラシ1部あたりの印刷費は比較的低コストです。チラシの印刷費の目安は1部あたり2円~15円です。

修正費は都度見積もり。軽微な修正であれば、無料で対応してくれることも

修正費とは、チラシの初稿データを確認した後、原稿やデザインを修正してもらう際の費用です。チラシ制作会社の多くは、基本プランで2~3回までの校正に対応していますが、それ以上の校正をデザインチームに依頼する場合、別途修正費がかかる可能性があります。修正費は都度見積もりです。軽微な修正であれば、無料で対応してくれることもあります。

素材費の目安は1点あたり1,000円~

素材費とは、Getty imagesなどの写真画像代理店を利用し、写真やイラストの素材を購入してもらう際の費用です。素材費の目安は1点あたり1,000円~です。

チラシの制作を依頼する業者の選び方

チラシ制作で失敗しないためには、最初の業者選びが大切です。ここでは、チラシの制作を依頼するときのチラシ制作会社の選び方を3つ解説します。

制作実績をチェックし、企画力や提案力がありそうか

チラシ制作会社の多くは、Webサイトなどで実績を公開しています。依頼前にチラシの完成イメージをつかめるため、事前にチェックしておくことをおすすめします。自社の商品やサービスに近い実績があるのかを中心に確認し、類似実績があれば、打合せも円滑に進む可能性が高く、自社のイメージに近いデザインが出てくることが期待できるでしょう。その上で、商談を希望すれば、より相手の企画力や提案力を判断することができ、業者選びで失敗する可能性を減らせるのではないでしょうか。

デザインスキルよりも「売るスキル」を重視する

デザイン事務所には得意不得意がありますが、大きく分けて「デザインスキルが高い会社」「売るスキルが高い会社」の2種類に分かれます。広告制作会社のように、両方のスキルを持つ会社もあります。

商品やサービスの売上を伸ばすためにはチラシの見栄えも大切です。しかし、デザイン事務所のなかでも、ターゲットに合わせた色遣いやデザイン、ターゲットの共感を得られる商品説明文など、「売るスキル」が高いデザイン事務所に依頼することで、販売促進や店舗集客につながりやすくなります。

コミュニケーションのとり方をチェックする

すでに紹介した通り、チラシの制作依頼から印刷までの流れで、チラシ制作会社とは何度もやりとりをすることになります。そのため、コミュニケーションがしっかり取れる業者であるほど、こちら側の要望やイメージが伝わりやすく、チラシ制作で失敗するリスクが減少します。

最初の問い合わせや打ち合わせの際、対応スピードが速く、密なコミュニケーションがとれそうな会社がどうか判断することが大切です。

【参考記事はこちら】:販促チラシの効果を上げる3つの作成ポイントを分かりやすく解説 | 通販支援ノート (nissen.biz)

まとめ:チラシの制作依頼の前に印刷までの流れを確認しましょう

チラシの制作依頼をするときは、事前に依頼の流れを知っておくことが大切です。チラシ制作は、「問い合わせ」「仕様決定」「デザイン制作」「校正」「印刷・納品」「チラシ配布」の6つのプロセスで進行します。

チラシ制作で失敗しないためには、最初の業者選びも大切です。この記事で紹介した3つのポイントを参考に、自社が売りたい商品やサービスに合った制作会社を選びましょう。

紙媒体のご相談はニッセンまで!

紙媒体 | ニッセン BtoB|通販支援のプロフェッショナルが課題を解決 (nissen.biz)