折込チラシ

折込チラシは、店舗の広告や通販の販促に有効的な方法です。

一括りに折込チラシと言っても、主に3つの種類があり、通販で折込チラシを活用する際には、それぞれの種類の特徴を押さえて、費用対効果の高い折込チラシを選ぶことが重要です。

本記事では、通販における折込チラシのメリット・デメリット、折込チラシの費用対効果を高める方法についてご紹介していきます。

折込チラシとは?

店舗の広告や通販の販促などに活用できる折込チラシには、新聞折込チラシ・雑誌折込チラシ・フリーペーパー折込チラシの3種類があります。どれも広告や販促に有効的な方法で、テレビなどの映像系の広告に比べて安価に行える点が魅力です。

昨今はWeb広告やメルマガなど、オンライン上で配信する広告が主流になりつつありますが、今なお折込チラシは有効的な広告・販促方法であり、実際のところ、新聞折込チラシ・雑誌折込チラシ・フリーペーパー折込チラシといった折込チラシは多くの場面で活用されています。

【参考記事はこちら】:チラシの制作依頼から印刷までの流れや業者選びのポイントを解説

折込チラシとポスティングチラシ・DMとの違い

折込チラシは新聞や雑誌と一緒に配布されるのに対して、ポスティングチラシやダイレクトメール(DM)は直接個人宅や会社のポストに投函されます。

折込チラシは新聞や雑誌を購読している方に限られますが、中高年・主婦層をターゲットとする商品・サービスでは効果を発揮しやすいでしょう。一方でポスティング・DMの場合はどの世帯でも配布することができ、柔軟性が高い特徴があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、チラシの内容やターゲットに応じて最適な方法を選びましょう。

折込チラシの反響率

折込チラシの反響率は、一般的に0.01~0.3%といわれています。反響率の求め方は以下の通りです。

反響数÷配布したチラシの枚数×100=反響率(%)

チラシの告知内容や配布方法、デザインなどにより反響率は変化します。反響率を上げたいときには配布媒体、配布時間、配布する地域、デザインなどの項目を検証し改善するようにします。

折込チラシのメリット

他の広告・販促方法がある中で、折込チラシが今なお活用されているのは、そこに他には無いメリットがあるからです。ここでは、そんな折込チラシのメリットを5つに分けて確認していきましょう。

近隣の顧客にアピールできる

折込チラシは、通販の広告や販促にも使用されますが、最も一般的な用途はエリアマーケティングで、店舗近隣の顧客へのアピールや集客に活用することです。たとえば、スーパーマーケットや商店、美容室やサロンなどで多く使われます。

昨今はこうした店舗でもオンライン広告を使用するケースが増えてきましたが、やはり近隣の顧客へのアピールや集客には、未だに折込チラシが高い効果を発揮します。

タイムリーな広告効果を得られる

折込チラシは、実施したその日からタイムリーな広告効果を得ることができます。スーパーマーケットや商店では、肉や魚、野菜といった生鮮食品を扱うことから、比較的タイムリーな広告効果を得られることが重要であるため、折込チラシの効果が特に実感しやすい業種であると言えます。

今でもスーパーマーケットや商店の買い物客は、折込チラシで当日のお買い得商品をチェックしてから来店することが多い傾向にあります。

売上に直結できる

折込チラシは、紙面に印刷してあり直接手に取ることができるため、売り上げに直結しやすい広告・販促手段です。そのため、上記で挙げたスーパーマーケットや商店はもちろん、通販においても非常に有効的な手段です。実際、折込チラシを利用し、化粧品や健康食品の販売や、折込チラシを通し自社の通販サイトへの誘導し購買を促し、それによって売上拡大にも貢献させることが可能です。

また、通販のマーケティングとして、テレビと連動させたクロスメディア施策などで、折込チラシを活用される通販事業者もいます。スポットCMを流し、CM内で「詳しくは今日の折込チラシで!」や「明日の折込チラシで!」といったアプローチを行い、折込チラシへ誘導する施策となります。認知をテレビで行い、購買をチラシで促すといった狙いがあります。また、売り上げに直結しなかったとしても、会員登録やお問合せにつながるケースがあります。その場合、顧客情報をリストとして蓄積できるので、後々の売り上げにつなげることができます。折込チラシで接点を作り、その後メルマガなど、他の広告・販促につなげていくことも可能です。

主婦層やファミリー層、高齢者に対して効果的な広告手法

折込チラシは主に新聞の読者層である高齢者層や、スーパーなどの特売情報に敏感な主婦層には高い広告効果を得ることができます。

たとえば、シニア・高齢者を対象とした健康食品を扱っている場合、オンラインでの広告では接点を持つことが難しいため、プロモーションの計画として、新聞掲載や、折込チラシなどを利用してテストマーケティングされる通販事業者が多く見られます。

比較的安価に大量に配布できる

折込チラシは、比較的安価に大量に配布できる点がメリットとして挙げられます。具体的な相場としては、折込チラシで最も利用されているB4サイズで、全国平均1枚あたり3円前後、B3サイズでも4〜7円程度です。その他、新聞折込・雑誌折込・フリーペーパー折込といった種類や枚数によっても金額が変動しますが、他の広告・販促方法と比べれば安価に収まりやすいです。

以下は都道府県別の折込チラシ配布料金の参考例です。

都道府県 B4サイズ B3サイズ
北海道 3.1円 5.0円
青森県 3.3円 5.5円
岩手県 3.2円 5.3円
宮城県 3.0円 5.0円
秋田県 3.6円 6.1円
山形県 3.5円 5.25円
福島県 3.4円 4.4円
東京都 3.3円 4.5円
神奈川県 3.8円 5.0円
埼玉県 3.5円 4.7円
千葉県 4.0円 5.2円
茨城県 3.3円 4.4円
栃木県 3.5円 4.4円
群馬県 3.5円 5.0円
山梨県 3.2円 4.6円
長野県 3.05円 8.0円
新潟県 3.49円 4.85円
富山県 2.8円 5.0円
石川県 2.8円 5.3円
福井県 2.8円 5.6円
愛知県 2.5円 4.5円
静岡県 3.0円 4.8円
岐阜県 2.75円 5.6円
三重県 2.82円 4.8円
大阪府 3.05円 4.55円
兵庫県 3.1円 4.6円
京都府 3.1円 4.6円
滋賀県 3.1円 5.5円
奈良県 3.05円 4.55円
和歌山県 2.9円 4.4円
鳥取県 2.8円 3.9円
島根県 3.25円 4.25円
岡山県 2.7円 4.7円
広島県 2.7円 4.7円
山口県 3.3円 4.3円
徳島県 2.9円 4.4円
香川県 3.4円 5.4円
愛媛県 3.0円 5.2円
高知県 2.7円 4.5円
福岡県 3.3円 4.3円
佐賀県 3.3円 4.3円
長崎県 3.2円 4.2円
熊本県 3.2円 4.5円
大分県 3.0円 4.6円
宮崎県 3.0円 4.0円
鹿児島県 3.2円 4.4円
沖縄県 4.0円 7.0円

参考:全国折込料金表|【マストチラシ.com】

【参考記事はこちら】:チラシの反応率の目安や高めるための4つのポイントを詳しく解説

折込チラシのデメリット

店舗の広告や通販の販促として多くのメリットがある折込チラシですが、以下のようなデメリットもあります。

掲載できる情報量に限界がある

掲載できる情報量に限界があることです。

折込チラシは、上記で挙げたようにB4とB3のサイズが多く使われますが、

B4サイズの場合は210×297mm、

B3サイズの場合は364mm×515mmのサイズなので、

それほど多くの情報を記載できるとは言えません。枚数を増やすことで掲載情報を増やすことも可能ですが、その分費用もかさむので注意が必要です。

若年層への訴求には弱い

2つ目のデメリットは、若年層への訴求には弱い傾向にあることです。

たとえば、新聞折込チラシの場合は、主なターゲットは新聞を読む層である主婦や高齢者です。そのため、その新聞を読まない層にはアプローチすることができません。また、顧客の分析手段がエリアのみしか無く、それ以外のセグメントでの分析が難しい点もデメリットとして考えられます。

しかし、昨今は、土地情報データから得られる推計所得情報から仮説を立て、(例えば、富裕層エリアへ)効果的なアプローチを折込チラシでも行えるようになっています。

通販における折込チラシの費用対効果を高める方法

最後に、通販における折込チラシの費用対効果を高める方法について、7つのポイントに分けてご紹介していきます。

折込チラシの制作コストを抑える

折込チラシは比較的安価な広告・販促手段ではありますが、制作コストを抑えることでその分利益を増大させることができます。社内で折込チラシを制作するためのリソースがある場合には内製化(社内で業務を完結させること)するのも1つの手段ですが、折込チラシを作成するためのノウハウなどが無い場合には、代行業者に依頼した方が結果的に費用が安く済む可能性もあります。

ターゲットにマッチしたクリエイティブを制作する

折込チラシの費用対効果を高めるには、それだけ効果的な内容のチラシを作成することが大切です。そのため、折込チラシに利用するクリエイティブ(広告素材)は、ターゲットにマッチしたものを制作しましょう。

折込チラシのターゲットは、扱う商材や折込チラシの種類によって異なります。たとえば新聞折込チラシであれば、新聞を読む主婦や高齢者が主なターゲットですし、雑誌やフリーペーパーの折込チラシの場合には、そのテーマに合った趣味趣向を持つ読者がターゲットです。クリエイティブは、折込チラシターゲットを踏まえたうえで作成することで、より高い効果を生むことができます。また、定期的にクリエイティブをテストし、必要に応じて変更することで、クリエイティブの品質を改善していくことも重要です。

各受注方法を設定する

通販の折込チラシでは、費用対効果を高めるために、どのような受注方法を設定するのかが重要です。ECの場合にはオンラインショップで受注するケースが一般的ですが、チラシの場合はハガキや電話などで受注する方法も一般的です。

また昨今のオンライン化への対応として、折込チラシにQRコードを掲載し、スマートフォンなどからスムーズにアクセスできるようにしたり、電話受注のための受電体制を構築したり、チャットボットなど最新のツールを活用する等あらゆる受付対応を用意することも重要です。

商圏・配布エリアを調査する

折込チラシを配布する際、より効果的なエリアで配布することで、折込チラシの費用対効果を高めることができます。その際、商圏・配布エリアの調査が欠かせません。自社の商材やサービスが誰に向けたものなのかを改めて洗い出し、適切な商圏・配布エリアに配布するようにしましょう。

配布日を考慮する

通販の折込チラシの費用対効果を高めるには、配布日を考慮するのもポイントです。たとえば、通販サイトで期間限定のキャンペーンを開始する際は、そのタイミングに合わせて折込チラシを配布することで、通常より高い費用対効果を得ることができるでしょう。なお、代理店によっては、類似商材の過去実績などから最適な曜日を提案してくれる場合もあるでしょう。

通販以外の例ではありますが、スーパーで生鮮食品の来店を促す場合は当日か前日に、住宅などの高額商材の場合は翌週の週末に、といった具合に、ターゲットに合わせて配布日を考慮することで、より高い広告効果を得られます。

お得なオファー(特典)を設定する

「本折込限定企画」など、その折込チラシでしか得られないお得なオファーを設定しておくことも重要です。折込チラシは直接手に取る広告媒体であるため、限定感などを訴求するには打ってつけです。たとえば、通販のチラシであれば、「お試しセット」「送料無料」「プレゼント」「返金保証」などのオファーが効果的です。

まとめ:折込チラシの提案に適した代理店に任せましょう

折込チラシは、比較的安価に配布できるため、費用対効果の高い広告・販促手段です。しかし、ターゲットが限定的になってしまうなどのデメリットもあります。そのため、折込チラシによる販促を検討する際には、媒体の視野を広げ、テストを行うことも選択肢として重要です。折込チラシに加え、自社の商品やサービスと親和性が高い属性の媒体の提案やクリエイティブの開発の相談ができる代理店の活用もおススメです。

ニッセンでは、新聞折込チラシのご提案はもちろん、お預かりした折込チラシを、通販カタログと一緒に同封するカタログ同封や商品出荷の際に同封する商品同梱といった通販のプロモーション支援を行っています。通販意欲が高く、年齢セグメントやエリアセグメントにも対応をしているため、折込チラシと併用してテストをお勧めしております。またニッセン以外の通販媒体を数多く取り扱いがあるため、代理店として様々媒体のご提案やクリエイティブのご相談も承っています。

通販の広告や販促活動にお悩みの場合には、ぜひニッセンへお問合せください

折込チラシの同送・同梱をはじめとした、ニッセンのプロモーションについてはこちらから