販促チラシイメージ

販促チラシは、商品やサービスの魅力を効果的に伝えられる広告手法です。しかし、いざチラシ制作にとりかかったとき、「魅力的なチラシにならない」「あれもこれも情報を掲載したいが、チラシに書ききれない」と悩む方が少なくありません。販促チラシを作成するときには、3つのポイントがあります。

本記事では、販促チラシの効果を上げるコツを紹介します。販促チラシのデザインのセオリーを知り、お客様の目を引くチラシを作成しましょう。

販促チラシを作成するときの3つのポイント

販売促進や店舗集客につながるチラシを作成するポイントは3つあります。

ターゲットを明確にする

高い広告効果が期待できる販促チラシは、「お客様の目線」で作成されたチラシです。まずは販促チラシを作成する前に、「どういうお客様に見てほしいか」「チラシを見たお客様にどんな行動をしてほしいか」など、販促チラシのターゲットを明確にしましょう。販促チラシのターゲットを決めることで、お客様が「見たい」「知りたい」情報がわかります。

たとえば、商品やサービスのターゲットが20代の女性なら、20代の女性ならではの悩みやライフスタイルを想像し、広告内容やレイアウト、キャッチコピーなどを決めていきます。デザインやレイアウトありきではなく、まずは商品やサービスのターゲットを明確にすることが、チラシ制作の第一歩です。

情報の優先順位を決める

販促チラシに掲載できる情報量はそれほど多くありません。チラシのオモテ面のロゴやタイトル、ウラ面の奥付や店舗情報などのスペースをのぞくと、意外と掲載スペースが足りないのが販促チラシです。そのため、チラシに掲載する情報の優先順位を決める必要があります。

店舗の魅力や商品・サービスの導入効果など、販促チラシで発信したい情報は数多くあります。しかし、あれもこれもと情報を詰め込むと、チラシの可読性が大きく低下します。情報を取捨選択する基準は、「他社や他店との差別化ポイントになっているか」です。他社や他店よりも優れた点に絞ることで、メリハリのある販促チラシになります。

ABテストで効果測定を行う

ABテストとは、2つのパターンの販促チラシを用意し、どちらの広告内容が効果的かを検証するテストです。ABテストを実施するメリットは、お客様の声というエビデンスに基づき、広告内容を改善できる点です。販促チラシを本格的に展開する前に効果測定を行うことで、よりターゲットに合ったチラシを作成できます。

販促チラシのデザインで心がけたい3つのポイント

魅力的な販促チラシのデザインには、いくつか共通点があります。ここでは、販促チラシをデザインするときに心がけたい3つのポイントを紹介します。

文字や写真をきちんとそろえる

見栄えの良い販促チラシを制作するには、文字や写真をきちんとそろえることが大切です。印刷した文字や写真がそろっておらず、縦横がガタガタになっていると、お客様に見苦しい印象を与えてしまいます。

とくにチラシの広告文で注意が必要なのが、「文字揃え」です。左寄せ、右寄せ、センタリング(中央揃え)が混じっていると、チラシの可読性が低下します。チラシのレイアウトにもよりますが、お客様が読みやすい文字揃えは「左寄せ」です。チラシに文章を掲載する場合は、左寄せで統一することで、スマートな印象を与えられます。

フォントはなるべく統一する

販促チラシをデザインするとき、あれこれフォントを使いたくなりますが、フォントの種類やサイズはなるべく統一しましょう。また、「斜体」「太字」「影付き」といったフォント効果も、多用するとチラシの可読性を低下させます。とくに本文は、見やすいフォントに統一することが大切です。

ただし、タイトル、ロゴ、キャッチコピーなど、はっきり目立たせたい場所はフォントの使い分けやウェイト(太さ)の変更を行うことで、メリハリのある販促チラシになります。

基準となる色を決めてバランスを大切に

人目を引く販促チラシを作成するには、「色遣い」も大切です。チラシを目立たせようと、さまざまな色を一度に使うのではなく、まず基準となる色を決めて、配色バランスを考えながら他の色を決めましょう。

色の組み合わせ1つで、販促チラシの印象は変わります。商品やサービスのイメージはもちろん、販促チラシのターゲットの年齢や性別なども考慮しながら、色遣いを決めましょう。

販促チラシを使った3つの集客方法

販促チラシを使った主な集客方法は、新聞折込チラシ、同封同梱広告、ポスティングの3つです。それぞれの特徴やメリット・デメリットをまとめました。

  特徴
新聞折込チラシ 新聞と一緒に折り込まれるチラシ広告 ・シニア世代への訴求力が高い

・市区群、町丁目から全国へ訴求できる

・拡大性がある

・若年層へリーチできない
同封同梱広告 通販カタログや購入した商品などと一緒に封入されるチラシ広告 ・顧客のセグメントが可能

・高い開封率が期待できる

・チラシ広告では最も反応率が期待できる

・他のチラシ広告よりも封入費が高い
ポスティング 個人住宅や集合住宅のポストに直接投函されるチラシ広告 ・エリアセグメントが可能

・デザイン面の自由度が高い

・人件費がかかる

・ポスティング禁止の建物が増えている

新聞折込チラシは、販促チラシの代表的な集客方法の1つで、市区群などのエリアから全国へ広い地域に商品やサービスを訴求できます。

デザイン面の自由度という点では、ポスティングが優れています。ポストに投函できる形やサイズであれば、どのようなデザインでもかまいません。

同封同梱広告は、チラシを封入する媒体を選ぶことで、富裕層、シニア・シルバー層、ファミリー層、主婦層、男性層、様々な顧客のセグメントが可能な集客方法です。
また、ポスティングは人件費がかかるものの、丁目単位で配布する地域を指定できるため、エリアセグメントでは最もすぐれているかもしれません。

チラシを活用したプロモーションならニッセンへ

ニッセンはこれまで通販会社として培ってきた経験を活かし、販促チラシのクリエイティブ作成から、広告効果の結果検証までをワンストップでサポートしています。販促チラシを活用したプロモーションがはじめての方でも、ニッセンなら安心です。

また、ニッセンは通販商品にチラシを同梱する「商品同梱」や、ニッセンのカタログにチラシを封入する「カタログ同送」など、お預かりしたチラシの広告展開をサポートするサービスも提供しています。ニッセンの顧客リストを活用し、アクティブな顧客にのみチラシを送付するため、高い注目率やレスポンス率が期待できます。チラシを活用したプロモーションなら、ぜひニッセンにお問い合わせください。

まとめ:販促チラシを作成するポイントを知り、広告効果を高めよう

販促チラシの広告効果を高めるには、チラシ制作のセオリーを知る必要があります。販促チラシを作成するときは、「ターゲットを明確にする」「情報の優先順位を決める」「情報の優先順位を決める」の3つのポイントに気をつけましょう。

また、人目を引く販促チラシを作成するには、チラシのデザインやレイアウトも大切です。印刷した文字や写真をきちんとそろえるのはもちろん、フォントや色遣いを統一することで、魅力的な販促チラシを制作できるでしょう。