色々なサンプリングの種類のイメージ

統計調査やマーケティング・セールスプロモーションを目的に、ビジネスの現場ではさまざまなサンプリングが行われています。一括りにサプリングと言っても、そのやり方・方法は多種多様で、サンプリングで得られる効果もさまざまです。

本記事ではサンプリングの目的をはじめ、やり方・方法の種類、費用、効果まで網羅的にご紹介していきます。また昨今は専門的なノウハウを持ったサンプリング代行会社が活用されるケースも増えていますので、依頼する際のポイントもご紹介していきます。

サンプリングとは?サンプリングの目的は主に2種類

そもそもサンプルは、標本もしくは見本を意味します。ビジネスにおけるサンプリングの主な目的は「統計調査」「マーケティング・セールスプロモーション」の2種類です。

統計調査を目的とするサンプリング

統計調査を目的とするサンプリングは、対象とする母集団からサンプル(標本・見本)を抽出し、母集団全体における傾向や性質などを予測する方法です。上記のようにサンプリングは標本(見本)を抽出することであり、統計調査を目的とするサンプリングは、標本(見本)調査とも呼ばれています。

また膨大な母集団から全ての情報を抽出するには、膨大な手間と時間がかかります。そのため膨大な手間と時間を削減し、全体の大まかな傾向や性質を予測するために統計調査のサンプリングが用いられます。

統計調査のサンプリングの代表的な例が、モニターとなった世帯のテレビに計測器を付け、何の番組をどの時間帯に見ていたのかを計測する視聴率調査です。その他にも製品の品質調査や顧客満足度調査が挙げられます。

補足として、統計調査のサンプリングと異なる母集団全体を調査する方法には、国勢調査や職場の定期検診、飛行機の手荷物検査があります。

統計調査におけるサンプリングのやり方・方法

統計調査におけるサンプリング方法は以下のようなものがあります。

・ランダムサンプリング
無作為に標本を選び調査する方法です。
・層別サンプリング
母集団をいくつかの層に分けて、その層の中からランダムにサンプリングする方法です。
・2段(多段)サンプリング
母集団をいくつかのカテゴリに分け、そのカテゴリをランダムに選びます。さらに選んだカテゴリの中でランダムサンプリングを行います。
ランダムサンプリングを複数回行う方法です。
・集落サンプリング
母集団をいくつかのカテゴリに分け、そのカテゴリをランダムに選びます。選んだ部分を全て調査する方法です。
・系統サンプリング
10個おきに調査するなど、一定の間隔でサンプルをとる方法です。

マーケティング・セールスプロモーションを目的とするサンプリング

マーケティング・セールスプロモーションを目的とするサンプリングは、認知度向上・トライアル購入の促進・リピーター獲得などに向けて、試供品・チラシ・ノベルティを配布する方法です。

統計調査を目的とするサンプリングとは異なり、ターゲット・対象やサンプリング規模は、そのマーケティング・セールスプロモーションによって大きく開きがあります。例えば都内在住の20歳女性に対して行うケースもあれば、老若男女問わず全ての人を対象に行うケースもあります。

ここからはマーケティング・プロモーションにおけるサンプリングについてご説明していきます。

マーケティング・セールスプロモーションを目的とするサンプリングのやり方・方法とその効果

上記のように統計調査を目的とするサンプリングは、対象とする母集団からサンプルを抽出し、全体の傾向や性質などを予測する方法です。それに対してマーケティング・セールスプロモーションを目的とするサンプリングは、下記のようにさまざまなやり方・方法があります。

街頭サンプリング(街頭配布のサンプリング)

街頭サンプリングは、その名の通り街角・路上をはじめ駅や商店街で、通行人に直接サンプルを配布する方法です。一般的には人の多い都市部で行われるケースが多く、ターゲットを選別しサンプリングできる特徴があります。またティッシュ配りが代表的な街頭サンプリングで、業種問わず行われます。比較的マス向けのマーケティング・セールスプロモーションの場合には、効果的なサンプリング方法です。

ルートサンプリング(店頭配布のサンプリング)

ルートサンプリングは、店頭や店舗の前で通行人に配布するサンプリング方法です。主にデパートや百貨店などの大型の商業施設、飲食店の前などで行われます。またサンプルを配布した通行人を、そのまま店内へ誘導しやすく、直接的な売り上げアップに効果的です。また現場が活気付きやすく、商業施設内で行う場合、他の店舗にも間接的な売り上げアップなどの効果が得られます。

オフィスサンプリング(企業配布のサンプリング)

オフィスサンプリングは、主にビジネスマンをターゲットにしたサンプリング方法で、オフィス内や社員食堂で行うケースが一般的です。事前に企業の特色や大まかな年収などからターゲットの情報を想定しやすいため、ターゲットに合わせたサンプリングが可能です。またオフィス内や社員食堂といったように、同僚と一緒にサンプルを受けとれるため、コミュニケーションが生まれやすく記憶に残りやすいのが特徴です。

Webサンプリング(応募配布のサンプリング)

昨今、頻繁に行われるようになったのが、応募してくれたターゲットに配布するWebサンプリングです。基本的にはサンプリングする企業やその商品・サービスに興味を持ってくれている方がターゲットになるため、その後の成果がでやすい傾向にあります。また街頭・ルート・オフィスサンプリングとは異なり、実施者側が自社オフィス内や自宅からも施策を実施できるため、少ない人員でも実施でき費用対効果にも優れている傾向にあります。

インフルエンサーサンプリング

Webサンプリング同様、昨今頻繁に行われるようになったのがインフルエンサーを活用したインフルエンサーサンプリングです。一般的にはフォロワーが多いインフルエンサーに商品・サービスを提供し、体験談や感想・レビューなどをSNSやブログで紹介してもらう方法です。化粧品や食品、雑貨などの個人向けの商品で活用されるケースが多く、それらの商材を扱っている場合には効果的なサンプリング方法です。

商品同梱サンプリング

商品同梱サンプリングは、商品を購入してくれたお客様に対して、類似商品やサンプルを同梱する方法です。基本的には接触率100%かつ既に商品を購入してくれた方なので、より購買意欲を高められリピーター獲得やLTV向上にも効果的なサンプリングです。また、出荷数が多ければ、その分大量に発送することが可能です。配送費用は発送元負担のため、費用がかからず、お客様のご自宅に直接お届けすることが可能なため、化粧品や、健康食品などはもちろん、生活用品関連のサンプリングが非常に多いのが特徴です。

サンプリングの費用はどのくらい?

ここからは実際にサンプリングを社外で代行・依頼する場合の費用についてご紹介していきます。またサンプリング費用は、配布するサンプルや量、時間、ターゲット、実施場所などによって大きく異なります。そのためこちらでご紹介するのは全て一例ですので、詳細はサンプリング代行会社に確認してください。

また基本的にバイトを雇って行う場合、一般的に1人当たりの人件費は時給1,000〜2,000円程度です。また一般的に街頭・ルートサンプリングの場合は3〜8時間程度で行いますので、1人当たりの人件費は10,000〜15,000円程度を見積もっておけば良いでしょう。

街頭サンプリングの費用

街頭の場合、都市部で行うケースが多く、比較的スタッフも集まりやすいため、一つあたり30円~と費用も比較的抑えることができます。

しかし、街頭サンプリングで発生する費用は、配布するスタッフの人件費と配布物以外にも、交通費や車両費、道路使用許可証取得申請代行費用などがあります。それぞれの費用相場については以下の通りです。

・人件費:15,000円/人

・交通費:1,000円/人(近距離の場合)

・道路使用許可証取得申請代行費用:10,000円

・車両費:15,000円(1t車まで)

ルートサンプリングの費用

ルートサンプリングは店舗や顧客リストなど特定の潜在顧客に直接アプローチする手法で、一般的には手渡しサンプリングとレジ袋封入で行われます。サンプル一つあたりの費用相場は、手渡しサンプリングの場合は30~80円、レジ袋封入の場合は5~10円です。ルートに応じた最適なターゲットにサンプリングをするため、販促効果が高くコストが最小限に抑えられる点がメリットです。ルートとしては百貨店や飲食店などの店舗、会社や学校、顧客宅への直接サンプリングなど様々なルートがあります。

オフィスサンプリングの費用

オフィスサンプリングも配布するスタッフの人件費と配布物、サンプリングに場所に行くために必要な交通費が費用として挙げられます。ただしオフィスサンプリングの場合には、その企業宛にサンプルを送ってしまうケース、企業に出入りしている業者へサンプル配布を委託するケース、その会社のスタッフに配布してもらうケースもあります。その場合には、現場で配布する人を雇う必要がなく、費用を抑えることができます。。

一つあたりの費用は、オフィスの規模やサンプルの内容によっても変動しますが、40円~100円ほどになります。

Webサンプリングの費用

Webサンプリングの場合には上記の費用感とは異なり、現場で配布するスタッフの人件費や交通費は基本的に発生しません。また、送料はお客様負担で行うことも多く、その場合はサンプル商品そのものにかかる費用のみで比較的安価にサンプリングが可能です。

インフルエンサーサンプリングの費用

インフルエンサーを活用したサンプリングの場合には、そのインフルエンサーによって特に費用感にばらつきがあり、基本的にはフォロワーの数やその属性に比例して変動します。目安としてはフォロワー数あたり2~4円が相場となり、1回あたり30万円以上になるケースがほとんどです。芸能事務所やインフルエンサー事務所や代行会社への依頼を除いて、基本的には個人への依頼になるため、やりとりに手間や時間がかかってしまうケースもあります。

商品同梱サンプリングの費用

商品同梱サンプリングの場合は、配布物が主な費用になります。ただしチラシ・ノベルティなどを配布する際に比べると、配布物自体の費用が高くなるケースが一般的です。

例えば、ニッセンの商品同梱サンプリングでは、一般的な化粧品パウチタイプのサンプリングですと、5円~8円にてお受けしています。もちろん、物量によりディスカウント等、柔軟にご対応させていただいています。それ以上のサイズや形状が特殊なものに関しては、まずはサンプル品を確認させていただき、ご相談させていただきます。

サンプリングを代行・依頼する際のポイント

上記でも触れたように、バイトを活用してサンプリングするケースもありますが、昨今はサンプリング代行会社に依頼するケースも増えています。最後にサンプリングを代行・依頼する際のポイントについてご紹介していきます。

セグメント・ターゲティングを明確にする

サンプリングを代行・依頼する際には、自社や自社の商材が、どのような層・属性をターゲティングしているか、またエリアや年齢、性別などをセグメントし、明確にサンプリングすることが重要です。例えば40代女性向けの化粧品を、10代の女性にサンプリングしても効果的なサンプリングはできません。

購買力のある顧客に配布する

基本的にサンプリングの最終的な目的は、売上拡大です。認知度向上やブランディング施策としてサンプリングするケースもありますが、最終目標である売上につなげるには購買力のある顧客に配布する必要があります。例えば60代男性向けの高級な食品を、10代の女性にサンプリングしても最終目標は達成しにくいと言えます。

低コストで一気に配布可能な媒体を選定する

サンプリングは商品・サービスの認知には有効なセールスプロモーションですが、チラシやDM広告よりもコストが高くなります。できるだけコストを抑えつつ、多くのターゲットユーザーに配布できる媒体選びもポイントの一つです。

例えば、街頭サンプリングでは、配布エリア周辺の不特定多数の方にアプローチが可能で、近隣店舗への誘導を行う目的では効果的です。また、商品同梱サンプリングは配送料のコストカットができる上に、購入した商品や購入者のデータに応じてサンプルを選択することができるため、効率の良いプロモーションといえます。

まとめ:効率効率よくサンプリングを行うために代行も検討しよう

ご紹介したように一括りにサンプリングといっても多種多様で、それによって得られる効果や費用も異なります。バイトを雇ってサンプリングする方法もありますが、その際には都度の人員集めに手間がかかってしまったり、適切にサンプリングできるか不透明であったりと懸念点もあります。またサンプリングといっても直接的に見込み客と対面するため、企業の印象に悪影響を及ぼす可能性もあるため注意が必要です。

株式会社ニッセンでは、購入意欲の強い女性を中心として、サンプリングサービスをご提供しております。また弊社独自の与信審査をクリアされた会員様へのご案内のため、貴社サービス・商品を安心してご紹介できます。サンプリングでお悩みの場合やサンプリングをしたい場合にはぜひ弊社をご利用ください。