ニュース・コラム

NEWS / COLUMN

少しのビジュアルの差でそんなにCTRが違うの!?

少しのビジュアルの差でそんなにCTRが違うの!?

少しのビジュアルの差でそんなにCTRが違うの!?

今回は弊社のバナーで実施したCTRの違いについてご案内をさせて頂きます。

 

先日、LPのキービジュアルに合わせたバナー3パターンでCTRの比較をしてみました。
早速ですが、A・B・Cのバナーデザインをご紹介いたします。

 

バナーA

 

バナーB

 

バナーC

 

上記3つのデザインで稼働をさせてみました。
どこが違うって、微妙に背景写真が2分割か、3分割だったり…
写真カラーが明るいか、暗いかくらいの違いです。

 

さて、この3つのバナーデザインで、どれが一番CTRが良い結果がでたと思いますか?

検証はGoogle広告で、期間は約2週間、総impは約16,000回です。

 

バナーの概要
A:背景画像色が暗い(濃い)&背景画像2分割
B:背景画像色が明るい(薄い)&背景画像3分割
C:背景画像色が暗い(濃い)&背景画像3分割

 

その結果は…

 

 

バナーA:CTR 0.35%
バナーB:CTR 0.22%
バナーC:CTR 0.19%

なんとAとCでは約2倍近くもCTRに差が出ました。

 

背景画像色が濃いか薄いかで比較すると、濃いAが一番良いのですが
薄いBは濃いCよりもCTRが良いので、判断しにくいところです。

 

一方で背景の画像分割から考えると、3分割より2分割の方が良い結果がでていますのでこちらの面では○×は付けやすいですね。

 

ただ、2分割と3分割だけの差でここまで率が変わるとは思ってもいませんでした。

 

勝ちの原因としてはこんなことが推測されます。

 

1:写真上の文字の見やすさ。
┗3分割側は背景画像の切れ目が多い分、2分割に比べると文字がみにくい可能性がある。

2:写真の使い方
┗2分割の右側画像が「チラシ(紙)」であることが分かり易い部分が使用されている(大きい)ので、文章との整合性がとれている?

もちろん、画像色との組み合わせも要因の一つかもしれません。

 

バナーのテストにおいては、同じデザインや配色でも、商品によってCTRが変わるので、一概に何が良いなどは断定できませんが、次は「薄い画像色&2分割」でトライしてみるとか、文字色を変えてみるなど、さまざまなパターンでテストを繰り返して行くことにより、更なるCTRの改善は見込めます。

 

また、良い結果が出たとしても、同じバナーばかり継続して表示していると、やはりユーザー側も見慣れてしまうので、CTRは下がってくる可能性がございます。

 

文字色1つ変えるだけでもテストとしては成り立つので、自社のサービスではどのような傾向があるのか?を追及してみてはいかがでしょうか。

 

弊社では、ニッセンオンラインサイト上のPR枠で、バナー広告を掲載する事が可能です。
もちろん、バナーのA/Bテストも可能です!!
商品によっては掲載不可の場合もございますので、一度お問い合わせ下さい。

 

 

◆◇◆サービスの詳細資料や導入事例集はこちら◆◇◆
 → こちら ← 

▼△▼その他、販促企画についてのご相談をしてみたいと少しでも思われた方はこちら▼△▼
 → お問合せフォーム ← 

前の記事

売上に直結する通販ウェビナー 

次の記事

テレビショッピングウェビナー※広告主様のみ

まずは、お気軽に
ご相談ください!

・リピート率を高めて売上を向上させたい
・質の高い新規顧客を獲得したい
・もっと顧客満足度を上げたい
 など、
様々なビジネスの課題解決をいたします。

                   お役立ち資料

弊社資料を無料で進呈いたします。

0120-338-840

受付時間:平日10:00〜18:00

お問い合わせフォームへ

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。