導入事例

CASE STUDY

ペイメントサービス

ペイメントサービス

PAYMENT SERVICE

リアルタイム与信と、柔軟な審査運用によって、機会損失と業務コストを抑えることができた。

リアルタイム与信と、柔軟な審査運用によって、機会損失と業務コストを抑えることができた。

課題

後払いの導入を検討される中で、審査に時間がかかることと、定期客が支払い遅延により与信不可となることを懸念。

解決

API連携により注文完了前の審査結果通知が可能になり、定期客限定審査ルールを適用することで、与信不可率を抑えたい。

営業から見た課題と状況

与信審査に時間がかかってしまった場合、その確認に業務工数が発生してしまうことと、仮に与信不可となった場合、売上損失に繋がってしまうことが大きな課題でした。

課題に対して提案した内容

APIでリアルタイム与信機能を実装することで、審査時間をほぼゼロにし、定期客に対する審査基準を緩和することで、売上機会損失を抑えることが可能。

改善内容やお客様の声など

仮に与信不可となった場合も、リアルタイム与信によって注文完了前にECサイト上に別の支払方法を選択頂くよう通知できるようになったことと、定期客限定の審査基準緩和によって、工数と売上機会損失を抑えることができている。

まずは、お気軽に
ご相談ください!

・リピート率を高めて売上を向上させたい
・質の高い新規顧客を獲得したい
・もっと顧客満足度を上げたい
 など、
様々なビジネスの課題解決をいたします。

資料請求する

弊社資料を無料で進呈いたします。

0120-338-840

受付時間:平日10:00〜18:00

お問い合わせフォームへ

ご連絡確認後に営業担当よりご連絡いたします。